薬剤師が婚活でうまくいかない原因4つと対策


薬剤師の女性は婚活が上手くいかないことがあります。

薬剤師は一般職よりもお給料が良いので普通に一人でも生活できてしまうのも原因の一つです。

お金に余裕があるぶん、プライベートが充実しているので結婚になかなか踏み出せないのでしょう。

また、理系女子ということもあるのか男性とのコミュニケーションが下手で、相手を立てるのが下手だったりして損をしてしまいます。

では、薬剤師が婚活で上手くいかない原因と対策をいくつか紹介したいと思います。

 

卒業が遅いため、婚活が遅くなる

薬学部は卒業するのに6年かかってしまうので普通の人よりも就職するのが遅くなります。

そのため、卒業したら仕事ばかりで余裕がなくなり、気がついたら30歳を過ぎているという事を聞きます。

人より就職するのが遅い分、仕事が優先になってしまうのでしょう。仕事を一生懸命覚えいるうちに気がついたら30代手前なんてことは良くあることだと思います。

30代を過ぎると一気に結婚できにくくなってしまうので、ぼんやり生活をしている場合ではありません。

婚期が遅れないように出来るだけ早めに婚活をする事をおすすめします。

 

考え方が固い

薬学部とは理系学部なので基本的にまじめな人が多いです。

真面目な上に就職をするのが遅いので余計に結婚が遅くなってしまうでしょう。

また、専門職で必要性が薄いのかコミュニケーション能力が低い人が多いのも婚活が上手くいかない理由でしょう。

特に婚活パーティーなどに行くとコミュニケーション能力が高い人が有利な傾向にあります。もし、恋愛に自信がないなら結婚相談所に登録してアドバイザーにいちから説明を受けたほうが良いでしょう。

不真面目でもいけませんが、あまりに真面目すぎると良い印象を与えられないので普通に接してくださいね。

 

年収が高いので結婚の必要性を感じにくい

薬剤師は新卒から年収500万円を超えることが多いため結婚をしたいという気持ちになりにくいです。

24歳のときからこれだけのお給料を持っていればプライベートでも充実していますし、自分ひとりでも十分生活できるでしょう。

そのため、結婚をしたいという気持ちになりにくく、婚活自体が遅くなってしまうという傾向があります。婚活を上手くいきたいなら年収にこだわりすぎないようにした方が良いでしょう。

 

理想が高い

自分の年収が高いので、男性にはそれ以上の年収を求めてしまうことが多いです。

ですが、現実に年収500万よりも高い男性というのはそれほどたくさんいないので、なかなか相手が見つけられません。

そして、薬剤師の女性は薬学部を乗り越えたという自信や医療機関に関わっているというプライドもあるため、相手の職業も気にします。男性の職業もそれなりに地位のあるものでないと結婚したくないという女性が多いので選べる相手も少なくなってしまします。

そのため、婚活をしてもなかなか良い人に出会えずに上手くいかないことが多いです。

自分の理想が高いと感じたら妥協出来る所は妥協して婚活をすれば上手くいきやすいですよ。

 

まとめ

このように薬剤師が婚活で上手くいかない原因を紹介しました。上手くいかない原因は他の人よりも就職が遅いことと、年収が平均よりも高い事にあるのでしょう。

特に年収が高いと自分よりも年収が低い男性は無理という気持ちになりやすいですよね。日本の一般年収は平均が約400万なので、薬剤師の年収が新卒から約500万円あるのは相当高いです。そのため、自分よりも年収が高い人を見つけること自体が難しくなるので、男性はたくさんいても自分の条件に合った男性になかなか会えません。

薬剤師が婚活を成功させるには、出来るだけ早めに婚活をすることと、理想を高くしすぎないことが重要です。

婚活が上手くいかない人は自分に合った対策を考えてくださいね。

 

無料で自分の婚活偏差値を調べるなら!
eq診断

EQ診断テスト」は、パートナーエージェントの無料で婚活偏差値がわかるテストです20の設問に答えるだけで、恋愛における自分の行動の癖や考え方の癖を自己分析することができます。自分が恋愛においてどういう傾向があるかを必ず確認しておきましょう!

パートナーエージェントのEQ診断テスト

関連記事

NO IMAGE

薬剤師の女性におすすめする婚活方法4選

40代(アラフォー)の人のおすすめ婚活方法

NO IMAGE

医者と結婚したい女性のおすすめ婚活方法

NO IMAGE

50代(アラフィフ)女性におすすめの婚活方法3選

看護師うまくいきやすい男性

看護師の女性がうまくいきやすい男性の条件

婚活でオタク女子はどういう男性とうまくいきやすいか分析してみた